現金が足りない会計のピンチをクレジットカードで切り抜ける

 少し前にひとりカラオケをしたとき、調子に乗って本来の時間よりも1時間ほど延長してしまいました。歌っていたら気分が上がってきてしまい、歌えるところまで歌ったのです。それはとても気分が良かったので後悔はなかったのですが、会計のときに冷や汗をかきました。それは本来の時間分の料金しか現金の持ち合わせがなかったからです。財布にそれしか入れていないのを、私はすっかり忘れていました。 かなり慌ててしまったのですが、財布の中に普段はネットでしか使っていないクレジットカードが潜んでいました。そのクレジットカードが使えるのかどうか不安でしたが、きちんと有効期限内でしたので使うことができました。まさかひとりカラオケで思わぬピンチに見舞われるとは思いませんでしたが、切り抜けられて良かったです。

クレジットカードの年会費どうする

クレジットカードは年会費があるものと、年会費無料のものがあります。当然年会費があるほうが付帯サービスなどが充実していていい場合もあるのですが、そのサービスそのものを使う機会がなければ年会費無料の方がいいと思います。私の場合は年会費無料のクレジットカードにしています。その無料のカードでも海外旅行保険がついています。もちろん年会費有料のカードなら空港のラウンジを利用できたり、保険の手厚さも格段に違いますが、保険そのものは最低限でもいいと思うので有料のカードまで持つ必要性は感じません。今まで空港のラウンジを利用しなくても問題なかったですし、海外旅行保険も世話になったことがありません。その他の有料ならではのサービスも特に必要性を感じないので私はクレジットカードは年会費無料でいいと思います。

ネットでの買い物にはクレジットカードが必要

最近はネットでの取引が多くなってきています。ネットショッピングなどではクレジットカードでの決済が主流です。中には代引きやコンビニ支払いなどができるものもありますが、手数料が余計にかかってしまう場合があります。私もネットのあるサービスを利用しようと思い、決済方法を調べてみました。クレジットカード決済のみかなりお得なサービスが利用できることが分かりました。クレジットカードは人件費を削減できる分、さまざまなコストカットができて、より安くサービスが利用できるものなのかもしれません。ネット以外の場面での買い物ではクレジットカードの使用ができない場合もあります。その場に併せて臨機応変に決済方法を考えて、実行していきたいと思います。

知らない間にポイントがたまるのでクレジットカードはありがたい

昔は「クレジットカードって後から請求くるんでしょ怖い」と思い持っていなかったのですが、実際に持って使ってみると、自分でこれ以上は使わないでおこうと自制がききますし、私の持っているクレジットカードはポイントが溜まるようになっていますので、ふとしたときにポイントを確認して沢山溜まっているとうれしくなってしまいます。交換できるものも、最近では豪華になっており、今まではポイントのなかではほしいものが少なかったのですが、よい商品ほしいものも出てきてくれて個人的にはうれしいです。ポイントの還元率も昔に比べてよくなりましたし、カードを使えるところ自体も増えてきており、今後はコンビニでも使えるようになるそうで、ますますポイントが溜まることになるな、と思うとホクホク気分です。

クレジットカードの半年払いを利用してみる

クレジットカードの良さを知らなかったので、利用することはありませんでした。後払いや分割払いができることは知っていましたが、結局は支払いを行うことになるので、メリットが分からない状態でした。しかし、出費が多くなってしまった今回、是非購入したい家電製品を発見しました。そこで、クレジットカードを利用することがふと頭に浮かびました。クレジットカード自体は以前に1枚作成していたので、それを家電量販店にて欲しい家電の購入で利用していました。分割での支払いは、回数を選べるようになっています。そこで、半年払いを選択し、毎月の返済額を小さくしました。毎月の返済額を小さくできれば、これまでと変わらない生活を送ることができるからです。

クレジットカード選びと新規入会ポイント

 クレジットカードにさしたるこだわりがないのなら、新規入会ポイントで選んでも良いのかもしれないです。各クレジットカードによって新規入会ポイントはそれぞれ違いますから、なるべくならそのポイントは多いほうがお得です。新規入会ポイントはほぼ現金と変わらない価値のあるポイントを最初からサービスでもらえるわけですから、多ければ多いほどそのメリットは大きくなります。 そのポイントが数千ポイントにも達するクレジットカードが中にはありますから、できるならばそれを選んだほうが間違いないです。新規入会ポイントはクレジットカードの比較サイトなどで簡単に知ることができますし、迷っているならそれを基準にして選んでみても良いのではないかと思います。

クレジットカードは買い物に欠かせません

個人的にショッピングをする時、絶対欠かせない存在といえばクレジットカードです。財布にいくら入っているのかを気にすること無く買い物を満喫したり、高額なショッピングも無理なく自分のペースで支払って分割払いをするにあたっては、クレジットカードは非常に大切な存在と言えます。クレジットカードはリボ払いや分割払いといった機能があるので、多額の買い物をしたい時にも非常に便利です。高い冷蔵庫を買ったり、数十万するピアノを買う時、安月給の私はいきなり現金でどんと大金を用意するのは難しいので、クレジットカードの分割払い機能を利用して助かりました。買った金額の一部がポイントとなって還元される魅力もクレジットカードにはあるので、同じ金額を現金で支払するよりも得する利点や、スマートにお金に触らず決済できる魅力もあります。

財布がいらないクレジットカード生活

クレジットカードを利用するようになってから、めっきり財布を持たなくなりました。近くにショッピングに出かける時はクレジットカードをポケットに1枚入れていきます。他に持参する物といったらティッシュとハンカチくらいです。ポケットが必要以上に嵩張ることがありません。財布の盗難や紛失に気を配ることなく楽な気持ちでショッピングを行えます。クレジットカードのおかげで金銭の授受も随分と楽になりました。財布を引っ張り出して、いちいち小銭の出し入れを繰り返す必要はありません。店員さんとのやり取りで必要になるのはクレジットカードとレシートだけです。余計な気遣いが減り決済がスムーズに終わります。財布の利用から解放された生活はかなり気楽です。財布の購入にお金を使わなくなり経費削減にも繋がっています。

限度額増額が一時的にできるって知っていますか?

今月はクレジット利用額が限度額ギリギリ!そんな時に限って海外旅行の予定があったり高額の買い物があったりと、ちょっと焦った経験はありませんか!?海外にはあまり多額の現金を持ち歩きたくはないし、買い物で札束で財布をパンパンにするのもあまりスマートではないし…。そんな時にお役立ちなのが限度額一時増額のサービスです。単純に限度額を増額しようとすると、それなりの審査があるのはもちろんカードの不正利用や使いすぎも心配になってきます。一時的な限度額不足に対応するにはそこまでする必要はありません。カード会社により、電話もしくはインターネットで一時的な限度額増額の手続きをすることができます。あらかじめ定められた期間が経過すれば限度額は元に戻りますので、後から面倒な手続きもありません。使ってみると案外便利ですので、限度額がちょっとピンチの時は検討してみてくださいね。

音楽ライブのチケットを先行予約で買う際にクレジットカード

 今に始まったことではないですが、音楽ライブのチケットを先行予約して買う際にはクレジットカードの存在が欠かせないです。先行予約でクレジットカードを使えばいち早く予約をすることができ、そのチケットを確実に入手できる可能性がとても高くなります。ただ、その分その音楽ライブに行けるかどうかの判断も早くしなければなりません。また、クレジットカードの限度額もオーバーしないように気をつけなければなりませんし、いざ決済するときにそのお金が用意できていなければ弱り果ててしまいます。 その先行予約が始まるのは音楽ライブが開催される半年ほど前だったりすることも珍しくなく、そこでクレジットカードを使って先行予約するかどうかはとても悩ましいところです。